メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)
 ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)へ戻る

維持できない体重減量はしない方がましか

リバウンドのリスクと対策

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) | 2017.05.16

研究の背景:ヨーヨー・ダイエットが真に不健康かはまだ不明

 昨今の世界的な肥満の増加の中で、肥満手術をはじめ体重減量の意義が示される一方で問題になりつつあるのが、リバウンドである。これが単に"一時的にがんばった成果(体重減量)が無駄になった(元の体重に戻った)"だけならまだしも、実は、減量後のリバウンドは、そもそも減量しないで肥満のままであるよりも不健康だとの考え方が出てきているのである。

 しかし、Weight cyclingともヨーヨー・ダイエットとも呼ばれるこのリバウンド現象が真に不健康かはまだ不明であり、肥満者には継続して減量を呼びかけ続けるべきだとの考え方もある(Obes Rev 2014;15:870-881Obes Res Clin Pract 2016年10月20日オンライン版)。

 そんな中、冠動脈疾患の既往のある患者へのスタチン投与による心血管疾患再発予防試験の参加者を用いて、体重の変動と予後についての検証をした研究結果がN Engl J Med2017;376:1332-1340)に報告された。この10年、質の良い血糖管理(血糖変動を小さくして平均血糖を低下させること)が言われているが(Int J Obes Relat Metab Disord 2002, 26;suppl3:S9-17)、質の良い体重管理というものを考えてみるべくご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) >  維持できない体重減量はしない方がましか

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R05508500有効期限:5月末まで