市販のかぜ薬や鎮痛薬に含まれる解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンが、ある病気のリスクを高めることが明らかにされた。米・ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のYuelong Ji氏らは、胎児期のアセトアミノフェン曝露は、出生後の注意欠陥・多動性障害(ADHD)および自閉症スペクトラム障害(ASD)のリスク上昇と関連していたとJAMA Psychiatry(2019年10月30日オンライン版)に発表した。