メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  確診できなくてもアナフィラキシー疑えばエピネフリン投与を

確診できなくてもアナフィラキシー疑えばエピネフリン投与を

米の専門学会が合意に基づく推奨

 2015年08月13日 14:30
プッシュ通知を受取る

 米国のアレルギー・喘息・免疫を専門とする学会であるAmerican College of Allergy, Asthma and Immunology(ACAAI)は8月6日,救急外来(ED)に搬送されたアナフィラキシーが疑われる患者に対しては,確診できない場合でもエピネフリンを投与すべきとする同学会専門家委員会の合意に基づく推奨をAnn Allergy Asthma Immunol2015年8月6日オンライン版)で公表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  確診できなくてもアナフィラキシー疑えばエピネフリン投与を

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12023966 有効期限:12月末まで