メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  「新世界」切り開くNOAC,「実社会」で注意すべき点とは

「新世界」切り開くNOAC,「実社会」で注意すべき点とは

第63回日本心臓病学会

 2015年09月30日 13:47
プッシュ通知を受取る

 心房細動による心原性脳塞栓症の予防にはワルファリンが長年使われてきたが,近年登場した非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)に主役が移りつつある。立川病院(東京都)病院長の三田村秀雄氏は,第63回日本心臓病学会学術集会(2015年9月18~20日,会長=東京医科大学循環器内科学分野主任教授・山科章氏)で「NOACによる抗凝固の新世界と実社会」と題して講演し,NOACが切り開いた「新世界」を解説するとともに,「実社会」(実臨床)での注意点をまとめた。「ワルファリンは使い慣れた薬剤だが落とし穴がある」と指摘,一方で「特性を正しく理解すればNOACに変更していくべき」と実感を述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  「新世界」切り開くNOAC,「実社会」で注意すべき点とは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05037423 有効期限:5月末まで