メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  熱中症の救急医療,重症度の診断と早期治療が予後改善の鍵

熱中症の救急医療,重症度の診断と早期治療が予後改善の鍵

第23回日本発汗学会

 2015年10月01日 13:17

 近年,熱中症は増加傾向が見られ,今後もその対策は欠かせない。千葉大学病院救急科・集中治療部の安部隆三氏は,熱中症の救急医療では重症度の診断と早期の適切な治療が肝要であると第23回日本発汗学会総会(8月28~29日,会頭=千葉大学大学院医学研究院特任教授,東千葉メディカルセンター神経内科部長・朝比奈正人氏)の教育講演で発表した。



…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  熱中症の救急医療,重症度の診断と早期治療が予後改善の鍵

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037470 有効期限:10月末まで