メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  マージナル基準を超えたドナー心で "予後良好"な結果

マージナル基準を超えたドナー心で "予後良好"な結果

東大・小野稔氏

 2015年11月10日 15:30
プッシュ通知を受取る

 わが国の臓器移植医療における心臓利用率は約74%と,欧米やアジア豪州などに比べて極めて高い。しかしドナーの不足によりマージナルドナーからの心臓移植を施行せざるをえない現状がある。そのため東京大学大学院心臓外科教授の小野稔氏は,同大学におけるマージナルドナー心の予後を評価。年齢や強心薬投与量など,実際には国際的なマージナル基準を超えたドナー心を用いているが,遠隔期の予後は97%と極めて高いことを,第19回日本心不全学会学術集会(10月22~24日,会長=大阪大学大学院心臓血管外科学教授・澤芳樹氏)のシンポジウム「心臓移植の科学的根拠を再考する」で報告した(関連記事)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  マージナル基準を超えたドナー心で "予後良好"な結果

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09037762 有効期限:9月末まで