メニューを開く 検索を開く ログイン

保険未適用も書痙にボツリヌス推奨へ

ジストニア診療ガイドライン

 2016年05月30日 14:27
プッシュ通知を受取る

 今年度(2016年度)中の公表を予定している日本初のジストニア診療ガイドラインでは、診断や治療についてクリニカルクエスチョンと解説で構成される(関連記事)。同ガイドラインでは、全身性ジストニアと上肢ジストニア(書痙)の治療について、現時点で保険適用されていないものの、ボツリヌス毒素療法が高いエビデンスレベルで推奨される予定だ。鳥取大学病院神経内科の野村哲志氏が第57回日本神経学会学術大会(5月18~21日、会長=徳島大学大学院臨床神経科学分野教授・梶龍兒氏)の「ガイドラインコース」で述べた(文中の推奨度はいずれも予定)。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  保険未適用も書痙にボツリヌス推奨へ