メニューを開く 検索を開く ログイン

視神経乳頭血流から読み解く緑内障

第27回日本緑内障学会より

 2016年10月31日 07:10
プッシュ通知を受取る

 視神経乳頭の血流は緑内障の病期や進行と関連することが報告されているが、その検討に有用性を発揮するのが、レーザースペックル眼底血流計(LSFG)や光干渉断層計(OCT)アンギオグラフィーなどの眼底血流機器である。これらの機器を用いて視神経乳頭血流と緑内障の進行過程との関連性を検討した、第27回日本緑内障学会(9月17~19日)の発表を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  視神経乳頭血流から読み解く緑内障