メニューを開く 検索 ログイン

再発卵巣がんの維持療法で画期的な効果

PARP阻害薬niraparibの国際共同第Ⅲランダム化試験

2016年11月17日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 PARP阻害薬niraparibはBRCA変異の有無にかかわらず、プラセボに比べてプラチナ製剤感受性再発卵巣がんの無増悪生存期間を有意に延長させた。第Ⅲ相ランダム化二重盲検試験ENGOT*-OV16/NOVAの結果を、デンマーク・Copenhagen University HospitalのMansoor Raza Mirza氏らが、N Engl J Med2016年10月7日オンライン版)で発表した。この結果は10月7~11日にコペンハーゲンで開かれた欧州臨床腫瘍学会議(ESMO)2016でも報告された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  再発卵巣がんの維持療法で画期的な効果

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505641 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外