メニューを開く 検索を開く ログイン

世界初・日本発、乳がん検診の大規模RCT

約7万6,000人でマンモ+超音波の意義を検証

 2016年11月18日 07:15
プッシュ通知を受取る

 乳がん検診における超音波検査の意義を検証した、世界初・日本発の大規模ランダム化比較試験J-STARTの結果がLancet(2016; 387: 341-348)に掲載されてから初めての第26回日本乳癌検診学会(11月4~5日)が開催された。同学会理事長でJ-STARTの研究リーダーである東北大学腫瘍外科分野教授の大内憲明氏、同大学乳癌画像診断学寄附講座准教授の鈴木昭彦氏は、J-STARTの背景および詳細な結果と、その結果がもたらす意義などについて発表した。その一部を紹介する。〔読み解くためのキーワード:デンスブレスト

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  世界初・日本発、乳がん検診の大規模RCT

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12505654 有効期限:12月末まで