メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  基礎医学 »  世界初! 電子メールで人工呼吸器が宇宙へ

世界初! 電子メールで人工呼吸器が宇宙へ

3Dプリント技術で宇宙電送実験成功

 2017年01月20日 07:15
プッシュ通知を受取る

 近年、三次元コンピュータグラフィックス(3DCG)のデータを基に立体物を造形できる3Dプリンターは、さまざまな製品の試作品や模型などの製作をはじめ、幅広い用途で活用されている。国立病院機構渋川医療センター(群馬県)小児科医長の石北直之氏は、この3Dプリンターで作製できる人工呼吸器(写真)を発明し、メーカーとの協同研究により完成させた。米航空宇宙局(NASA) Ames Research CenterのMade In Space社によると、この人工呼吸器を電子メールで国際宇宙ステーション(ISS)へ転送する、世界初の実験が米カリフォルニア州で現地時間1月13日に行われ、成功したという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪・パラリンピックのマスコット名が 『ミライトワ』、『ソメイティ』に決定。このネーミングは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  基礎医学 »  世界初! 電子メールで人工呼吸器が宇宙へ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07506241 有効期限:7月末まで