メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  患者1人に1億円かかっていた!?...再生医療のコスト、初の調査〔読売新聞〕

患者1人に1億円かかっていた!?...再生医療のコスト、初の調査〔読売新聞〕

 2017年02月11日 07:05

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを用いる再生医療の治療コストについて、京都大学iPS細胞研究所の八代嘉美・特定准教授を中心としたチームが初の実態調査を始めた。

 治療に取り組む10程度の大学や企業に聞き取り、3年かけて報告書をまとめる。再生医療は多額の費用がかかる点が懸念されており、実態を明らかにし、今後の研究開発に役立てる。

 再生医療は、細胞の培養や加工などで従来の治療より費用や手間がかかる。理化学研究所などが2014年に行ったiPS細胞による目の難病治療では、患者1人に約1億円かかった。

 コストの詳細なデータはなく、将来、国の保険財政を圧迫しかねないとの指摘もあり、実態把握を求める声が高まっていた。

 調査は今年1月に開始。対象となる大学や企業の担当者らに、治療に使う細胞の培養費や品質検査費、移植手術費など、どんな治療にどれだけの費用がかかるのかを細かく聞き取る。対象は、脊髄損傷の治療準備を進めている慶応大学、食道や歯肉の再生を手がける東京女子医科大学、がんなどの免疫細胞による治療に取り組む京都大学などが含まれている。

 日本再生医療学会の会員計約5600人へのアンケートも行う。

【再生医療】事故や病気で失ったり、損傷したりした臓器や器官を修復し、機能を再生させる医療。iPS細胞から様々な組織や細胞を作って移植するなどの方法がある。日本の経済成長戦略の柱としても期待されており、国内の市場規模は2030年、1兆円が見込まれている。

(2017年2月10日 読売新聞)

ヨミドクター

関連記事・ピックアップコンテンツ

ランキング

  1. 1

    これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定

  2. 2

    感染症患者にステロイドはご法度か

  3. 3

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  4. 4

    高尿酸血症治療で腎機能を保持できるか

  5. 5

    アトピー性皮膚炎治療の展望

  6. 6

    "最強の治療法"トリプル吸入療法は諸刃の剣

  7. 7

    食の欧米化で日本人は健康になる

  8. 8

    【ADA2017 私の注目演題】平井愛山

  9. 9

    糖尿病患者の疲労感に「前日の血糖値」が関与

  10. 10

    SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

  2. 2

    ネット書店にはないサービスを模索

  3. 3

    医師資格を持ちながら医学以外で活躍・・・誰が好き?(医師会員からの投稿)

  4. 4

    わが国の糖尿病の実像が明るみに

  5. 5

    米・HAEの急性発作予防に皮下注薬を承認

  6. 6

    花粉飛散動向⑧来年以降はヒノキ花粉増加か

  7. 7

    世界の肥満関連死、25年で3割増

  8. 8

    これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定

  9. 9

    イプラグリフロジン・高齢者で最終報告

  10. 10

    精神科初回入院で退院後死亡リスク16倍

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  患者1人に1億円かかっていた!?...再生医療のコスト、初の調査〔読売新聞〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P06506423有効期限:6月末まで