メニューを開く 検索を開く ログイン

進歩を遂げる「定位放射線照射」

多発性脳転移に対する放射線治療

 2017年03月06日 12:00
プッシュ通知を受取る

 通常の外照射よりも高い精度で放射線を病変の形状に一致させて、三次元的に集中照射する「定位放射線照射」は、1回照射の定位手術的照射(Stereotactic Radiosurgery;SRS)と、数回に分割して照射する定位放射線治療(Stereotactic Radiotherapy;SRT)に大別される。転移性脳腫瘍(脳転移)に対しては、ガンマナイフによるSRSの治療成績が向上している一方で、一般病院で既に普及している直接加速器(リニアック)を用いたSRSやSRT も行われるようになってきた。臨床におけるガンマナイフとリニアックの変遷について、第17回日本ガンマナイフ研究会(2月4~5日)で概説した虎の門病院(東京都)放射線科医長の小塚拓洋氏は「多発性脳転移に対しても、リニアックによる治療が行われるようになってきた」と紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  進歩を遂げる「定位放射線照射」