メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

その骨痛、微小腫瘍が原因かも...

局在診断法の確立が望まれる腫瘍性骨軟化症

 2017年05月15日 11:30
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 腫瘍が産生する線維芽細胞増殖因子(FGF)23読み解くためのキーワード:FGF23という液性因子によって慢性的な低リン血症が起こり、極度の骨痛や筋力低下を呈する腫瘍性骨軟化症(TIO)をご存じだろうか。TIOは原因腫瘍の切除により根治が可能であるが、その多くは微小腫瘍であるため検出が困難であることに加え、それらがFGF23を産生していることを確認しなければならず、局在診断法の確立が喫緊の課題となっている。東京大学病院腎臓・内分泌内科の伊東伸朗氏らは、3つの手法の組み合わせによる局在診断法を示し、現時点での成績に基づく各局在診断法の特徴を90回日本内分泌学会(4月20~22日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  その骨痛、微小腫瘍が原因かも...

error in template: found but mtif was expected