メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  「茶のしずく石鹸」で重い小麦アレルギー症状、患者の4割が回復〔読売新聞〕

「茶のしずく石鹸」で重い小麦アレルギー症状、患者の4割が回復〔読売新聞〕

 2017年06月19日 14:35

 化粧品製造販売会社「悠香(ゆうか)」(福岡県)が販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品の利用者に重い小麦アレルギー症状が出た問題で17日、日本アレルギー学会が患者調査の最終報告を公表した。

 小麦を摂取できるまで回復したのは、使用を中止した患者の4割だった。

 旧製品は2004年から10年まで約4650万個販売され、11年5月に自主回収となった。同学会は全国270医療機関で診断された2111人の経過を追っていた。

 報告によると、今年3~5月の調査で980人の現状が報告された。その中で医師が小麦摂取の状況を把握できた474人のうち、202人(43%)が回復していた。自己判断で通院をやめた506人の回復状況は分かっていない。

 アレルギー反応の原因は、旧製品が含む小麦由来のたんぱく質が、洗顔時に皮膚や目・鼻の粘膜から体内に少しずつ侵入し、排除しようとする抗体ができたためと推測した。

 製品の使用を中止すると抗体は徐々に減り、症状も緩和された。

 また、患者の27%は洗顔時にはかゆみや赤みなど自覚症状がなく、食事でまとまった量の小麦を摂取した時にアレルギー症状が出ていた。松永佳世子・藤田保健衛生大教授は「石鹸が原因と気づくのに遅れた患者も少なからずいた。皮膚と食物アレルギーの関連を周知していきたい」と話している。

(2017年6月19日 読売新聞)

ヨミドクター

関連記事・ピックアップコンテンツ

ランキング

  1. 1

    これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定

  2. 2

    感染症患者にステロイドはご法度か

  3. 3

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  4. 4

    高尿酸血症治療で腎機能を保持できるか

  5. 5

    アトピー性皮膚炎治療の展望

  6. 6

    "最強の治療法"トリプル吸入療法は諸刃の剣

  7. 7

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  8. 8

    食の欧米化で日本人は健康になる

  9. 9

    【ADA2017 私の注目演題】平井愛山

  10. 10

    糖尿病患者の疲労感に「前日の血糖値」が関与

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

  2. 2

    イプラグリフロジン・高齢者で最終報告

  3. 3

    鎮咳・鎮痛薬2成分、小児への使用が禁忌に

  4. 4

    わが国の糖尿病の実像が明るみに

  5. 5

    【キーワード】WHO必須医薬品リスト

  6. 6

    世界の肥満関連死、25年で3割増

  7. 7

    これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定

  8. 8

    医師資格を持ちながら医学以外で活躍・・・誰が好き?(医師会員からの投稿)

  9. 9

    SGLT2阻害薬の上乗せでインスリンが減量

  10. 10

    笑い声を聴くだけで健康になる?

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  「茶のしずく石鹸」で重い小麦アレルギー症状、患者の4割が回復〔読売新聞〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P06509024有効期限:6月末まで