メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  希少肺がん治療に新たな選択肢

希少肺がん治療に新たな選択肢

 2017年06月29日 15:29

 先ごろ東京都内で開かれた肺がんプレスカンファレンス(主催=ファイザー)で、国立がん研究センター東病院呼吸器内科長の後藤功一氏は、希少な肺がんをコンパニオン診断薬で発見し、そのドライバー遺伝子をターゲットとした有効性の高い薬剤で治療する意義を強調した。このほど、抗悪性腫瘍薬クリゾチニブがROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発非小細胞肺がん(NSCLC)に対し適応追加されたことについて「遺伝子スクリーニングを行い、それに基づいた治療薬を必要な患者にいかに早く届けるかが重要だ」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

関連タグ

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  希少肺がん治療に新たな選択肢

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10509224 有効期限:10月末まで