メニューを開く 検索 ログイン

パーキンソン病GLを大幅改訂、NICE

行動制御障害の項を新設

2017年08月02日 06:15

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英国立臨床評価研究所(NICE)は18歳以上の患者を対象とした「成人におけるパーキンソン病(PD):診断と管理」ガイドライン(GL)2006を大幅に改訂し、今月(2017年7月)に公式サイトで発表した。最新のエビデンスを踏まえて運動症状および非運動症状に対する薬物療法の項目を刷新するとともに、ドパミン作動薬の副反応である衝動制御障害(ICD)の管理とモニターに関する項を新設した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  パーキンソン病GLを大幅改訂、NICE

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで