メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  感染症 »  血清Na低値・高値とも菌血症リスク増

ASNトップページ

血清Na低値・高値とも菌血症リスク増

 2017年11月06日 16:55
プッシュ通知を受取る

 低ナトリウム血症が感染症の潜在リスク因子であることを示唆するデータが増えており、その機序として、宿主免疫に重要な役割を果たすIL-17産生ヘルパーT細胞が障害され、同時に起こる粘膜および細胞の浮腫によって細菌バリア機能が崩壊すると考えられている。一方、透析患者ではナトリウム代謝異常と感染関連死亡がよく見られるが、血清ナトリウム値と菌血症の関係についてはほとんど分かっていない。米・University of California Irvine, Huntington BeachのConnie Rhee氏らは、透析患者において血清ナトリウムの低値と高値のいずれでも菌血症リスクが増加することを明らかにし、米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日〜11月5日、ニューオーリンズ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  感染症 »  血清Na低値・高値とも菌血症リスク増

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外