メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  配偶者の有無が認知症リスクに影響

配偶者の有無が認知症リスクに影響

80万例超のシステマチックレビューとメタ解析

 2017年12月04日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・University College LondonのAndrew Sommerlad氏らは、婚姻状態と認知症リスクの関連を検討した15件の研究の参加者80万例超のシステマチックレビューとメタ解析を実施した。その結果、配偶者と死別した人および未婚者は既婚者に比べて認知症リスクが高いことが示されたと、J Neurol Neurosurg Psychiatry2017年11月28日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  配偶者の有無が認知症リスクに影響

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09511747 有効期限:9月末まで