メニューを開く 検索を開く ログイン

配偶者の有無が認知症リスクに影響

80万例超のシステマチックレビューとメタ解析

 2017年12月04日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・University College LondonのAndrew Sommerlad氏らは、婚姻状態と認知症リスクの関連を検討した15件の研究の参加者80万例超のシステマチックレビューとメタ解析を実施した。その結果、配偶者と死別した人および未婚者は既婚者に比べて認知症リスクが高いことが示されたと、J Neurol Neurosurg Psychiatry2017年11月28日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  配偶者の有無が認知症リスクに影響

error in template: found but mtif was expected