メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  配偶者の有無が認知症リスクに影響

配偶者の有無が認知症リスクに影響

80万例超のシステマチックレビューとメタ解析

 2017年12月04日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・University College LondonのAndrew Sommerlad氏らは、婚姻状態と認知症リスクの関連を検討した15件の研究の参加者80万例超のシステマチックレビューとメタ解析を実施した。その結果、配偶者と死別した人および未婚者は既婚者に比べて認知症リスクが高いことが示されたと、J Neurol Neurosurg Psychiatry2017年11月28日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  配偶者の有無が認知症リスクに影響

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06511747 有効期限:6月末まで