メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  術後遠隔感染で病院の財政負担増

術後遠隔感染で病院の財政負担増

発症の有無で医療点数と入院日数を比較

 2017年12月14日 06:30
プッシュ通知を受取る

 術後感染症である手術部位感染(SSI)と術後遠隔感染(PRI)は、現在の診断群分類包括評価(DPC)の下では、治療費のほとんどが包括評価項目の対象となり、医療側が負担することになる。これについて、SSIが術後の医療費に影響を与えるとの報告は多数あるが、PRIに関するものは少ない。そこで、日本外科感染症学会では消化器外科手術におけるPRIが医療費に与える影響を把握するため、多施設共同研究を実施。東邦大学医療センター大橋病院呼吸器外科の西牟田浩伸氏らは、PRI発症の有無別に医療費と入院日数を算出した結果、PRIはSSIと同様に医療費の増加および入院期間の延長と関連することが分かったと、第30回同学会(11月29~30日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  術後遠隔感染で病院の財政負担増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09511885 有効期限:9月末まで