メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  「命に値段つけるのか」指摘、薬の値段意識調査を中止〔読売新聞〕

「命に値段つけるのか」指摘、薬の値段意識調査を中止〔読売新聞〕

 2018年06月14日 13:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省は、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画していた市民意識調査の取りやめを決めた。厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の部会に13日提案し、了承された。

 調査は1年間延命できる薬に公的医療保険からいくらまで支払っていいかを尋ねるものだったが、「命に値段をつける」ような質問内容や結果の信頼性などに疑問が出ていた。高額な薬が次々に登場している中、厚労省は薬の値段に費用対効果の評価を取り入れる仕組みを一部で試行的に導入。本格実施に向け制度の内容を今年度中に取りまとめることにしている。

(2018年6月14日 読売新聞)

ヨミドクター

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  「命に値段つけるのか」指摘、薬の値段意識調査を中止〔読売新聞〕

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06514662 有効期限:6月末まで