メニューを開く 検索を開く ログイン

「HAL医療用」が開く未来

開発者・山海嘉之氏が日本成人病(生活習慣病)学会で講演

 2019年02月01日 06:10
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 人・ロボット・情報系を融合複合させた「サイバニクス」。新たな学術分野として命名、確立させた筑波大学システム情報系教授兼サイバニクス研究センター研究総括、内閣府ImPACT PM、CYBERDYNE社CEOの山海嘉之氏が、第53回日本成人病(生活習慣病)学会(1月12〜13日)のシンポジウム「活躍する医療支援ロボット」に登壇した。同氏が世に送り出した世界初の革新的医療ロボット「HAL医療用」の実力と、HALを活用した未来の社会について講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  「HAL医療用」が開く未来

error in template: found but mtif was expected