メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中の喫煙で乳児突然死リスクが2倍に

妊娠中の喫煙で乳児突然死リスクが2倍に

 2019年03月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images dolgachov ※画像はイメージです

 妊娠中の母親の喫煙は、児の予期せぬ乳幼児突然死(SUID)の確立された危険因子である。米・Seattle Children's Research InstituteのTatiana M. Anderson氏らは、米国の約2,000万の出生児を解析し、妊娠中の喫煙がSUIDに及ぼす影響を調べた結果、母親が妊娠中に喫煙していた場合、SUIDのリスクが2倍以上に増加していたとPediatrics(2019年3月11日オンライン版)に発表した。〔読み解くためのキーワード:予期せぬ乳幼児突然死(SUID)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中の喫煙で乳児突然死リスクが2倍に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09519630 有効期限:9月末まで