メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

専門医機構、来年度の専攻医数上限案を提案

連携プログラムの専攻医募集を追加

 2019年05月28日 11:33
プッシュ通知を受取る

 専門医機構は昨日(5月27日)、東京都で開いた記者会見で、専門医制度における来年(2020年)度の専攻医採用数に対するシーリング(上限設定)案を厚生労働省に提案したと報告した。同案は、既に厚労省が算出していたシーリング数に地域研修を多分に含む連携プログラムの専攻医募集数を追加した形となっている。同機構理事長の寺本民生氏は「今後、地域医療対策協議会などの了承が得られれば、この案を基に来年度の専攻医募集を行いたい」との見通しを示した。(関連記事「専門医機構、来年度の専攻医数上限を再検討」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  医療制度 »  専門医機構、来年度の専攻医数上限案を提案

error in template: found but mtif was expected