メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

asn2019

エキスパートが見た米国腎臓学会2019・前編

久留米大学教授・深水圭氏が注目の臨床試験を概説

 2020年01月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 深水圭氏。ワシントンD.C.にて

 2019年11月5〜10日にワシントンD.C.で開催された米国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019)。Medical Tribuneは、同学術集会に毎年参加している深水圭氏(久留米大学内科学講座腎臓内科部門主任教授)に今回関心を持った発表について概説してもらうとともに、その研究の意義や結果がもたらされた背景、今後の腎臓病治療への影響などについて考察をお願いした。その概要を2回に分けて紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  エキスパートが見た米国腎臓学会2019・前編