メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

未治療の悪性胸膜中皮腫に対するイピニボ療法を米承認

 2020年10月05日 17:58
プッシュ通知を受取る

 ブリストル マイヤーズ スクイブ社は10月2日、ニボルマブ(360mg を3週間間隔で点滴静注)とイピリムマブ(1mg/kg を6週間間隔で点滴静注)の併用療法が、切除不能な悪性胸膜中皮腫(MPM)の成人患者のファーストライン治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得したことを発表した。今回の承認は、第Ⅲ相CheckMate-743試験であらかじめ計画されていた中間解析の結果に基づいたもの。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  未治療の悪性胸膜中皮腫に対するイピニボ療法を米承認

error in template: found but mtif was expected