メニューを開く 検索 ログイン

デュルバルマブ投与NSCLCのILD発症予測モデル構築に向けた探索的試験を開始

 2021年06月07日 16:23
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 アストラゼネカは6月4日、化学放射線療法後に抗PD-L1抗体デュルバルマブによる治療を受けたⅢ期の切除不能非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、間質性肺疾患(ILD)の発症を予測するモデル構築に向けた探索的試験(iDETECT 試験)を今月より開始すると発表した。  ILDは、重症化すると患者...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  デュルバルマブ投与NSCLCのILD発症予測モデル構築に向けた探索的試験を開始