メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

イベルメクチン誘導体で共同研究開発を開始

 2021年06月09日 15:45
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 北里研究所とMeiji Seikaファルマは6月9日、抗寄生虫薬イベルメクチンの誘導体による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などに対する画期的治療薬の創出などを目指し、共同研究開発を開始すると発表した。研究期間は2021年5月から8年間を予定している。

 イベルメクチンはノーベル賞受賞の大村智博士の発見から開発された治療薬。今回の共同研究開発では、イベルメクチンとは別のイベルメクチン誘導体を用いた創薬を目的とし、COVID-19をはじめとするさまざまなウイルス感染症に対する画期的な治療薬を提供したいとしている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  イベルメクチン誘導体で共同研究開発を開始