メニューを開く 検索 ログイン

イベルメクチン誘導体で共同研究開発を開始

2021年06月09日 15:45

7名の医師が参考になったと回答 

 北里研究所とMeiji Seikaファルマは6月9日、抗寄生虫薬イベルメクチンの誘導体による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などに対する画期的治療薬の創出などを目指し、共同研究開発を開始すると発表した。研究期間は2021年5月から8年間を予定している。

 イベルメクチンはノーベル賞受賞の大村智博士の発見から開発された治療薬。今回の共同研究開発では、イベルメクチンとは別のイベルメクチン誘導体を用いた創薬を目的とし、COVID-19をはじめとするさまざまなウイルス感染症に対する画期的な治療薬を提供したいとしている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  イベルメクチン誘導体で共同研究開発を開始

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536778 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外