メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

PARP阻害薬talazoparibの第Ⅲ相TALAPRO-3が開始

 2021年06月25日 17:56
プッシュ通知を受取る

 米・ファイザーは6月23日、DNA修復異常を認める転移性去勢感受性前立腺がん患者を対象に、経口アンドロゲン受容体阻害薬エンザルタミドへのPARP阻害薬talazoparibの上乗せ効果を検証する国際第Ⅲ相ランダム化比較試験TALAPRO-3において、最初の患者に投与を開始したと発表した。

 同試験は、28カ国285施設からDNA修復異常を認める転移性去勢感受性前立腺がん患者550例の登録を予定。主要評価項目は画像上の無増悪生存期間、副次評価項目として全生存期間が評価され、primary completion dateは2024年後半が予定されている。

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  PARP阻害薬talazoparibの第Ⅲ相TALAPRO-3が開始