メニューを開く 検索

ICTを活用した褥瘡ケアで症状が有意に改善

褥瘡アセスメント用のアプリを開発

2021年10月11日 18:10

 寝たきりの人などで背中や腰など同じ部位が長時間圧迫されて発生する褥瘡(床ずれ)。東京大学大学院老年看護学/創傷看護学分野の北村言氏、真田弘美教授らは、情報通信技術(ICT)を用いて遠隔での褥瘡の評価やケアを可能にするアプリケーションを企業と共同で開発。その効果を検証する研究を行った結果、褥瘡の評価やケアを実施する前に比べ実施後で症状が有意に改善し、ケアに要した時間や費用も診療報酬点数でカバーできることが示唆されたと第23回日本褥瘡学会(9月10~11日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  ICTを活用した褥瘡ケアで症状が有意に改善