メニューを開く 検索 ログイン

妊娠高血圧症候群でCVDリスクが63%上昇

米・6万人を30年以上追跡

2022年05月12日 16:35

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 妊娠高血圧症候群(HDP)の妊婦は正常血圧の妊婦に比べ、心血管疾患(CVD)リスクが63%高く、その64%は妊娠後に生じたCVD危険因子の間接効果によることが示された。米・Brigham and Women's Hospital/Harvard Medical SchoolのJennifer J. Stuart氏らは、初産を経験した女性6万人を30年以上追跡した結果をJ Am Coll Cardiol2022; 79: 1901-1913)に発表。「HDP既往歴を有する女性では、妊娠後の高血圧、高コレステロール血症、2型糖尿病、過体重/肥満のスクリーニングがCVD予防に有用かもしれない」と指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  妊娠高血圧症候群でCVDリスクが63%上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545573 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外