メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  血糖降下薬でコロナ有害転帰リスク低下

血糖降下薬でコロナ有害転帰リスク低下

約370万例のシステマチックレビューとネットワークメタ解析

2022年12月14日 16:34

690名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 中国・Fujian Medical UniversityのZheng Zhu氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で入院した糖尿病患者の転帰と入院前に使用していた血糖降下薬との関連を、観察研究31件・約370万例のシステマチックレビューとネットワークメタ解析で検討。その結果、解析対象とした8種類の血糖降下薬のうち、集中治療室(ICU)入室、侵襲的または非侵襲的な機械的人工換気の使用、院内死亡の複合リスクが最も低かったのはSGLT2阻害薬、次いでGLP-1受容体作動薬、ビグアナイド薬の順だったとJAMA Netw Open2022; 5: e2244652)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  血糖降下薬でコロナ有害転帰リスク低下