メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  消化器癌がん周術期の栄養療法の在り方

11月3日

消化器癌がん周術期の栄養療法の在り方

2023年11月03日 06:15

97名の医師が参考になったと回答 

ワークショップ 11 提案:日本消化器外科学会

11月3日(金) 14:40〜17:00 第2会場(神戸国際展示場2号館 ホール南)

[司会]

猪股 雅史氏

大分大・消化器・小児外科

五井 孝憲氏

福井大・1外科

[基調講演]

比企 直樹氏

北里大・上部消化管外科

[演者]

鈴木 邦士氏

がん・感染症センター都立駒込病院・食道外科

前田 裕斗氏

熊本大大学院・消化器外科学

山本 美穂氏

東海大・消化器外科

山下 公太郎氏

大阪大・消化器外科

菅生 貴仁氏

大阪国際がんセンター・消化器外科

竹林 克士氏

滋賀医大・消化器・乳腺・小児・一般外科

武田 茂氏

山口大・消化器・腫瘍外科学

松井 亮太氏

がん研有明病院・胃外科

木村 豊氏

近畿大奈良病院・外科

永野 慎之介氏

堺市立総合医療センター・外科

金澤 宏恕氏

京都第一赤十字病院・消化器外科

後藤 直大氏

神戸大大学院・肝胆膵外科学

[特別発言]

馬場 秀夫氏

熊本大大学院・消化器外科学

 消化器がんの外科治療後は、食道や胃の切除により経口摂取が困難になることから、栄養状態の悪化に直結する。日本では、術後早期回復プログラムであるfast track surgeryやEnhanced Recovery After Surgery(ERAS)が普及しており、術後早期の経口摂取が推奨されている。こうした背景から、消化器がん治療においては経口摂取だけでなく、経腸栄養、経管栄養を含めた周術期の栄養管理が重要視されている。五井孝憲氏とともに司会を務める猪股雅史氏は「本セッションでは、各施設の周術期における栄養管理の方法や工夫、成績などについて、12人の演者に発表してもらう。栄養療法の対象とすべき患者像や介入法への知見を深めていただきたい」と話す。

前半は食道がんの7演題

 セッションは基調講演、発表12演題、特別発言で構成される()。発表演題の内訳は、食道がんが7演題、胃がんが4演題、膵がんが1演題だ。

 基調講演では、比企直樹氏が登壇。消化器がん周術期における栄養療法の位置付けや意義などについて概説する。
 続いて、鈴木邦士氏が食道亜全摘術または胃管再建術を施行した患者の腸瘻造設による経腸栄養が術後の筋肉量維持に及ぼす影響を、前田裕斗氏は大腰筋の体積(TPV)に注目し、食道がんに対する術前治療のTPVへの影響および短期・長期成績との関連を報告する。

 山本美穂氏は、術前療法後に胸腔鏡下食道切除術を施行した患者における骨格筋量の変化と、マウスへのβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸投与の骨格筋への影響について、山下公太郎氏は術前の栄養指標と体組成が術後肺炎に及ぼす影響についてそれぞれ発表する。

 菅生貴仁氏は、胸腔鏡下食道亜全摘術または一期的胃管再建術を施行した患者を対象に、より早期の回復を目指す改訂版ERASプログラムの治療成績や経済効果の結果を、竹林克士氏は食道切除術または一期的胃管再建術施行患者に対する術後3カ月間の在宅経腸栄養において、半消化態栄養剤と消化態栄養剤を比較した結果を提示する。
 武田茂氏は、術前化学療法中に経口栄養食品を投与した進行食道がん患者におけるサルコペニアへの影響を検討した結果を発表する。

図.周術期の栄養療法の流れと発表演題

(猪股雅史氏提供)

後半は胃がんの4演題と膵がんの1演題

 後半の胃がんでは、術前プレアルブミン値と胃がん根治切除後の死亡との関連を松井亮太氏が、ステージⅠ~Ⅲの患者を対象に、成分栄養剤の服薬アドヒアランスと短期・長期的体重減少との関連を検討した結果を木村豊氏が報告する。

 永野慎之介氏は高齢患者に対する術前栄養療法の周術期短期成績を、金澤宏恕氏は新たな栄養療法として開発した胃全摘術後3~6カ月間の夜間のみ在宅強制経腸栄養療法の治療成績を示す。

 膵がんについては、後藤直大氏が補助化学療法施行例への術前栄養療法において、血清アルブミン、プレアルブミンが介入の指標となりうるかを検討した結果を発表する。最後に特別発言で、馬場秀夫氏が12演題を総括。発表内容を踏まえ、聴講者へのtake home messageを述べる予定だ。

 猪股氏は「栄養療法は、消化器外科医であれば上部消化管、下部消化管、肝胆膵など専門にかかわらず知っておきたい総論的な項目。本セッションでは、疾患が関与する栄養状態の悪化、栄養管理や介入の指標についての知見を得ることができる」と述べ、「消化器外科医はもちろん、周術期のがん患者に携わる消化器内科医や消化器内視鏡の医師、さらにはメディカルスタッフにも参加いただきたい」と幅広い層に参加を呼びかけている。

第66回日本消化器病学会大会

[会長]坂本 直哉 
北海道大学大学院 消化器内科学

第108回日本消化器内視鏡学会総会

[会長]矢作 直久 
慶應義塾大学 腫瘍センター

第28回日本肝臓学会大会

[会長]四柳  宏 
東京大学医科学研究所先端医療研究センター感染症分野

第22回日本消化器外科学会大会

[会長]堀口 明彦 
藤田医科大学ばんたね病院 外科

第62回日本消化器がん検診学会大会

[会長]金岡  繁 
浜松医療センター 消化器内科

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  消化器癌がん周術期の栄養療法の在り方