メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  若手内視鏡医に向けた内視鏡診療の基本テクニック

11月4日

若手内視鏡医に向けた内視鏡診療の基本テクニック

2023年11月04日 06:15

128名の医師が参考になったと回答 

特別企画(講演形式) 提案:日本消化器内視鏡学会会

11月4日(土) 14:00〜17:00 第12会場(神戸国際会議場 メインホール)

[司会]

原田 直彦氏

国立病院機構九州医療センター・消化器内科

半田 修氏

川崎医大・消化器内科

角嶋 直美氏

東京大附属病院・光学医療診療部

[演者]

吉井 貴子氏

埼玉県立がんセンター・消化器内科

前田 有紀氏

静岡がんセンター・内視鏡科

藤原 純子氏

防府胃腸病院・消化器内科

北村 陽子氏

市立奈良病院・消化器肝臓病センター

森田 周子氏

神戸市立医療センター中央市民病院・消化器内科

横井 千寿氏

国立国際医療研究センター・消化器内科

原 裕子氏

東京慈恵会医大・内視鏡医学

結城 美佳氏

出雲徳洲会病院・消化器内科

鷹尾 まど佳氏

神戸大・消化器内科

石川 恵里氏

名古屋大附属病院・消化器内科

田邊 万葉氏

昭和大江東豊洲病院・消化器センター

伊藤 紗代氏

静岡がんセンター・内視鏡科

戒能 美雪氏

山口労災病院・消化器内科

西山 典子氏

香川大附属病院・消化器・神経内科

 本セッションでは、若手医師に向けた内視鏡の基本的な操作や診断、治療のテクニックを解説する。消化器内視鏡領域における女性医師のニーズは高いものの、日本消化器内視鏡学会の女性会員は約16%にとどまっている。女性医師の活躍を後押しすべく、第一線で活躍する女性医師が演者を担っている点も本セッションの特徴だ。司会の角嶋直美氏は「さまざまな消化器における内視鏡診療の基本を学ぶとともに、若手医師や女性医師がライフイベントと業務を両立させてキャリアアップを目指すためのヒントを感じ取ってもらいたい」と述べる。

前半は頭頸部〜十二指腸の内視鏡テクニックを解説

 セッションは頭頸部から始まり下部消化管へと進んでいく。また、新たな試みとてして子宮頸部への応用まで網羅している。

 前半の7演題は上部消化管にフォーカス。吉井貴子氏は、内視鏡切除が増加している咽頭・喉頭における観察テクニックを伝授。がんを発症しやすい患者背景や危険因子、発声や姿勢を利用した咽頭の視野展開の工夫や、嘔吐反射への対応などを解説する。

 近年増加しつつある食道がんに関しては、早期発見を目指した観察・診断のポイントを前田有紀氏が、合併症や後遺症に配慮した内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)の手技を藤原純子氏が解説。北村陽子氏は上部消化管の出血マネジメントについて、止血の要否の判断、出血部位の予測、内視鏡による止血法、術後の管理などについてレクチャーする。

 消化器内視鏡医におけるファーストステップともいえる胃については、森田周子氏が診断の要となる鮮明な内視鏡画像を撮影するための工夫と診断時に押さえておきたいポイントを紹介。横井千寿氏は、胃ESDの基本的なテクニックに加え、安全さと迅速さを両立する上で重要な出血や穿孔の予防法を伝授する。

 遭遇頻度が増加しつつあるにもかかわらず、他の消化器に比べて診断や治療が確立されていない十二指腸に関しては、原裕子氏が後ろ向き研究や多変量解析のデータを示しつつ概説する。

後半は大腸内視鏡パワーレス挿入法から注目の子宮頸部内視鏡まで

 後半の7演題では下部消化器と子宮頸部に迫る。結城美佳氏は、重く長い大腸内視鏡のパワーレス挿入法を紹介。握力や腕力が弱い女性術者でも扱いやすく、腸管への負荷が軽減できるテクニックは必見だ。鷹尾まど佳氏は、下部消化管出血に対する内視鏡的止血術について、下剤の適用から出血の性状に応じた止血法の選定までを解説する。

 石川恵里氏は、日本で増加傾向にある炎症性腸疾患(IBD)の内視鏡診断と病理所見の実例を紹介し、診断難易度が高いIBD関連がんの特徴を説明する。大腸疾患も同様に増加傾向にあるが、これは内視鏡検査受診者の少なさが理由の1つとされている。検査時に適切な診断と腫瘍性ポリープ摘出の機会を逃さないよう、実践の場で生かせる拡大観察のコツを田邊万葉氏が、大腸ESDの基本操作とトラブルシューティングを伊藤紗代氏が講義する。

 「消化管の内視鏡操作に習熟した後は、新たな領域に挑戦してほしい」と角嶋氏。戒能美雪氏の講演は、急性膵炎などの重篤な合併症を引き起こしうる胆管・膵管への内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)関連手技の理解を深める内容だ。西山典子氏は、子宮頸がんに対し従来のコルポスコピー検査に代わる診断モダリティーとして期待される子宮頸部内視鏡(UCE)について、現在進行中のプロジェクトを交えて紹介する。

 角嶋氏は「いずれの演題も、画像や動画を用いて分かりやすく学べる内容となっている。若手医師の内視鏡診療技術の向上を図るだけでなく、男女共同参画のさらなる向上に向けたきっかけとなることも期待されるため、ぜひ会場に足を運んでいただきたい。育児などで現地参加が難しい場合はオンラインで聴講いただければ」と呼びかけた。

第66回日本消化器病学会大会

[会長]坂本 直哉 
北海道大学大学院 消化器内科学

第108回日本消化器内視鏡学会総会

[会長]矢作 直久 
慶應義塾大学 腫瘍センター

第28回日本肝臓学会大会

[会長]四柳  宏 
東京大学医科学研究所先端医療研究センター感染症分野

第22回日本消化器外科学会大会

[会長]堀口 明彦 
藤田医科大学ばんたね病院 外科

第62回日本消化器がん検診学会大会

[会長]金岡  繁 
浜松医療センター 消化器内科

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  若手内視鏡医に向けた内視鏡診療の基本テクニック