メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  心不全緩和ケア、成功の鍵は"有機的な連携"

急増!心不全 急増!心不全

心不全緩和ケア、成功の鍵は"有機的な連携"

久留米大学内科学講座心臓・血管内科部門・柴田龍宏

 2020年01月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 循環器診療の目覚ましい発展にもかかわらず、その終末像である心不全は依然として進行性の予後不良疾患であり、苦痛症状が強く、QOLへの影響は大きいため、ケアには多くの医療資源の投入が必要である。こうした状況の中、2018年3月に発表された『急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)』では、終末期心不全におけるAdvance Care Planning(ACP:今後の治療・療養について患者・家族と医療従事者があらかじめ話し合うプロセス)の実施および症状緩和がクラスⅠで推奨された。また同年4月には緩和ケア診療加算の対象として新たに末期心不全が追加され、心不全領域における緩和ケアは大きな注目を集めることとなった。多職種によるチーム医療において、心不全緩和ケアを適切に実施するためのポイント、課題などを述べる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  心不全緩和ケア、成功の鍵は"有機的な連携"

error in template: found but mtif was expected