メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  国内初のBP製剤前向き研究で「顎骨壊死なし」

国内初のBP製剤前向き研究で「顎骨壊死なし」

JOINT-04研究

 2017年11月27日 11:55
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 ビスホスホネート(BP)製剤関連顎骨壊死の問題をめぐり、顎骨壊死に関する国内初の前向き研究(JOINT-04)が骨粗鬆症至適療法研究会(A-TOP研究会)によって実施された(関連記事「BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表」)。第19回日本骨粗鬆症学会(10月20~22日)で同研究の中間解析の結果を報告した松本歯科大学歯科放射線学講座主任教授の田口明氏は、2年間の観察で同薬使用例に顎骨壊死は認められなかったと述べた。骨露出を来したものの、追跡期間中に自然消失した症例も今回確認された。(関連記事:「BP製剤投薬との関係は疑問,骨粗鬆症患者の顎骨壊死」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  国内初のBP製剤前向き研究で「顎骨壊死なし」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06511558 有効期限:6月末まで