メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  単独診療所型から地域連携型NSTへ

単独診療所型から地域連携型NSTへ

看護師と管理栄養士の立場から在宅NSTを考える

 2018年03月28日 06:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2月22〜23日)のシンポジウム「病院NSTから在宅・地域連携NSTへ」では、訪問看護師としてリハビリ訪問看護ステーション・ハピネスケア(東京都新宿区)の豊田実和氏が、訪問管理栄養士の立場からこだま在宅内科緩和ケアクリニック(札幌市)の大泉宏子氏が講演を行った。両氏は、在宅医療に栄養サポートを持ち込むことの意義を評価しつつ、その難しさを異口同音に指摘した

(関連記事:「在宅医療の質向上の鍵は栄養管理だ」「この街で生き、そして逝く」を支える」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「桜を見る会」来年度は中止

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  単独診療所型から地域連携型NSTへ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11513487 有効期限:11月末まで