メニューを開く 検索を開く ログイン

単独診療所型から地域連携型NSTへ

看護師と管理栄養士の立場から在宅NSTを考える

 2018年03月28日 06:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2月22〜23日)のシンポジウム「病院NSTから在宅・地域連携NSTへ」では、訪問看護師としてリハビリ訪問看護ステーション・ハピネスケア(東京都新宿区)の豊田実和氏が、訪問管理栄養士の立場からこだま在宅内科緩和ケアクリニック(札幌市)の大泉宏子氏が講演を行った。両氏は、在宅医療に栄養サポートを持ち込むことの意義を評価しつつ、その難しさを異口同音に指摘した

(関連記事:「在宅医療の質向上の鍵は栄養管理だ」「この街で生き、そして逝く」を支える」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  単独診療所型から地域連携型NSTへ