メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)

 2016年12月19日 11:35
プッシュ通知を受取る

 内視鏡で腫瘍を切除する方法としては、ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)の3種類があるが、表面型の腫瘍にはEMRとESDが用いられる。EMRでは、腫瘍の粘膜下層に薬液を注入し、腫瘍部分を浮かせてからスネアをかけて電流を流し病変を焼き切るため、スネア(直径約2cm)により切除範囲が限られる。一方、ESDでは、薬液を注入し病変周囲の粘膜を専用ナイフで切開した後、粘膜下層を剝離していくため、大きな病変でも一度に切除が可能となる。患者の負担が軽く入院日数も短期間で済むが、技術的難易度は高い。

■関連記事

早期胃がんESD後の追加手術は全例必要か

十二指腸ならではのESDの課題

大腸T1がん、摘除生検としてのESD導入を

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)

error in template: found but mtif was expected